特産品で旅紀行

>

厳選された特産品で贅沢気分

この記事をシェアする

お取り寄せの歴史

お取り寄せの先駆けは1800年代後半トウモロコシの種販売です。1899年百貨店が通信事業を始めました。140年前からある販売方法です。
流通が拡大して郵便・宅配が広がっていくとお取り寄せも流行り始めました。カタログで商品を選んで電話で購入する・カタログから選択して直接百貨店などに頼みに行く事が増えました。
テレビショッピングに電話して購入、通信設備が進むとネット環境が整ってきてネットショッピングで購入するのが当たり前になりました。音声認識で購入もできます。
いつでもどこからでも購入できる事で過度に反応しすぎて、生産が追い付かない事もあります。お取り寄せは今何が流行っているか時代の反映が出やすい販売方法なのでしょう。

メリット・デメリット

店舗で直接購入は買いに行く時間がない・遠くて行けない・重い・冷蔵冷凍が家までもつか心配などがあります。
お取り寄せは今はネット環境があればいつでもどこからでも購入できます。時間がない人・遠くの商品が買える・重くて運べない心配がない・冷蔵冷凍商品は対応した配送をしてくれる・ある程度届く日時が分かります。手軽に購入できるようになりました。色んな地域の商品を扱っているので選ぶ楽しみがあります。
実際に実物を見る事ができないので色・形・大きさが思っていたのと多少違う事も考えておきましょう。繁忙期・年末年始・連休は配送が遅れる可能性があるので余裕を持って購入しましょう。
店舗・お取り寄せ上手に組み合わせて使い分けてみましょう。


▲ TOPへ